So-net無料ブログ作成

奨学金: 中国人留学生などに使われる税金約300億円

日本政府は外国人留学生に対して奨学金として
293億8000万円をタダでくれてやっている。
15万円/月程度になる…貯蓄したり遊んでみたり…
連中は返さなくてもいいことになっている。
奨学金は5年間(1年は日本語学、4年は大学)。

一方、日本人は返さなければならない。
卒業した時点で 300万円などの返済金を抱えることになる。
(日本人が海外でタダになる奨学金は 19億円)

日本政府はヤングリーダープロジェクトを企画し
行政関係の留学生(35才まで)など外国人に対して
25万円/月をタダでくれてやっている。
国立への学費はタダ、私立もタダ(文科省が税金をつかっている)。

本来は日本人が無償で勉学できる仕組が先

大学は潰れないのは天下り先になっているため。

つまり役人が大学に天下りするためには
少子高齢化で学生が減っている大学に対して
中国人など外国人を輸入し税金を使い大学生にする。
役人は天下りができ、大学は潰れず、中国人たちはほくそ笑む。

日本文化チャンネル桜
坂東忠信(元警視庁刑事通訳捜査官/外国人犯罪防犯講師)
30:55より:
1/3【討論!】税金を食い潰す反日の人々[桜H23/12/17]
http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV?gl=JP&hl=ja#p/u/2/FchBKM5nW4I
http://www.youtube.com/watch?v=FchBKM5nW4I


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。