So-net無料ブログ作成

近隣諸国条項: 中国や韓国に日本の教科書が検定される仕組み [反日]

近隣諸国条項:
「近隣のアジア諸国との間の近現代の歴史的事象の扱いに
 国際理解と国際協調の見地から必要な配慮がされていること」
という一文が教科書検定基準に追加された。

つまり、息をするように嘘をつく中国や韓国によって
日本の教科書の内容が歪曲され続けることになった。

---
昭和57年に教科書誤報事件が発生。
文部省の検定によって、近現代史の教科書記述に
日本軍の華北への「侵略」という記述が「進出」と書き換え
と朝日新聞、他が報道。
これは誤報だったが朝日新聞は訂正謝罪せず、
中国や韓国の非難を引き出すことに成功。
そもそも「侵略」は不正だったにもかかわらず
当時の宮沢喜一官房長長官は中国と韓国に謝罪し
「政府の責任において是正する」
「検定基準を改める」
「近隣諸国に配慮する」
という茶番劇を演じ「近隣諸国条項」を設定した。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。