So-net無料ブログ作成

国士 安倍晋三氏の勝利 [日本]

愛国者 安倍晋三氏:
愛国者 安倍晋三氏_320.jpg

自民党総裁選で安倍晋三氏が当選、逆転勝利。
そして政権交代、そして首相になる、日本を護る。
これで唯一無二だった日本復活への道が開けたのだ。
ものすごく 大いに嬉しい、何か力が湧いてくる。

一方で反日サヨクや反日在日南北朝鮮人に牛耳られた
朝日新聞や毎日新聞などマスコミは
これから愛国者、安倍晋三氏を また再び叩きはじめるだろう。
中韓の利益を優先し愛国者を悪く報道し国民世論に罠を嵌める。
ネームコーリングだとか、バウンド効果だとか、カード・スタッキングだとか、
捏造だとか、歪曲だとか、嘘をつくだとか、レッテルを貼るだとか、
プロパガンダで また再び安倍晋三氏をバッシングするだろう。

安倍晋三氏を全力で応援し守る。
日本を護る。

護国日本:
Z旗_320.jpg

安倍晋三を断固支持! [日本]


愛国者 安倍晋三を断固支持!!!
自民党 安倍晋三が日本を救う:
愛国者 安倍晋三.jpg

続きを読む


平和が欲しければ戦争の準備をしろ [日本]

古代ローマの格言:
「平和が欲しければ戦争の準備をしろ」

戦後アメリカGHQがつくった憲法九条が日本を平和にしてきたのではない。
平和で友愛を装った反日サヨクや反日在日コリアに騙されてはいけない。

これまで日本が平和であり続けている理由は、
世界中の大国を相手に大戦争を戦い抜いた先人たちが強かったから、
それに愛国心溢れる自衛隊がいるからだ。

日本人を怒らせると半端なく強くなる。
平和には精強な軍隊が必要、太古の昔から今も。

---
攻撃隊が結成された翌日の ある特別攻撃隊の言葉:

もう戦争は続けるべきではない。
しかし、敵を追い落とすことができれば
七分三分の講和ができるだろう。

アメリカを本土に迎えた場合、恐ろしい国である。
歴史に見るインデアンやハワイ民族のように
闘魂のある者は次々各個撃破され、
日本民族の再興の機会は永久に
失われてしまうだろう。

このためにも特攻を行ってでも
フィリピンを最後の戦場にしなければならない。
しかしこれは、九分九里成功の見込みはない、
出は何故見込みのないのにこのような強行をするのか。

ここに信じてよいことがある。
いかなる形の講和になろうとも
日本民族が将に亡びんとする時に当たって
身をもってこれを防いだ若者たちがいた
という歴史の残る限り
五百年後、千年後の世に必ずや
日本民族は再興するであろう。

真実はどこに…FLASH
http://www.youtube.com/watch?v=imtmbp0w8cY



マッカーサー証言による日本の自衛戦争 [日本]

連合国軍の最高司令官マッカーサーは戦後、
解任後の昭和26年(1951年) 米上院軍事外交合同委員会において、
「日本が戦争に飛び込んでいった動機は、
大部分が安全保障の必要に迫られてのことだった」
と証言した。

Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security.

自衛戦争だった、ということになる。

---
渡部昇一.com
マッカーサー証言:
http://www.watanabe-shoichi.com/contents/mac.html

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。